第57回 青藍書展

第57回 青藍書展

特別展覧 殿村藍田展

 

2019年5月23日(木)~26日(日) 東京銀座画廊・美術館

 

青藍社(代表;疋田惜陰)

 

 

 

2019年5月16日(木)10:29

改元当日、東京ドームで「令和」揮毫

「令和」と改元された51日、東京ドームのプロ野球「巨人―中日戦」(デーゲーム)の試合開始前に記念セレモニーが行われ、日本書道ユネスコ登録推進協議会の副会長を務める髙木聖雨先生が縦3.2m、横6mの和紙に新元号を揮毫しました。

 

「令和」と揮毫する髙木聖雨先生

 

 新しい時代の幕開けを祝うとともに、書道文化の継承と、ユネスコ世界無形文化遺産登録を目指す日本書道ユネスコ登録推進協議会の活動をアピール。髙木先生はマウンドと2塁ベースの間に用意された和紙に力強く揮毫し、約4万6000人の観客から大きな拍手を受けました。

 

スタンドから4万6000人を超える観衆が見守った

 

東京ドームのオーロラビジョンに映し出された「令和」の文字

 

揮毫に続き、41日付で国内史上最年少の囲碁棋士になったばかりの仲邑菫(なかむら・すみれ)さん(10)が「い・ご」にちなむ背番号「15」のユニホーム姿でマウンドに上がり、「令和」の文字を背に始球式を行いました。巨人・坂本勇選手が「令和1号」本塁打を放った話題もあり、テレビのスポーツニュースなどで「揮毫」の文字が繰り返し映し出されました。

始球式のマウンドに上がった囲碁棋士の仲邑菫さん

 

また、東京ドームのコンコースには同日、髙木先生の揮毫による「令和」の額装作品を手に持ち、菅官房長官が新元号を発表した時と同じポーズで記念撮影できるコーナーも設け、世界無形文化遺産登録に向けた活動をアピール。開場とともに行列ができる人気ぶりでした。

 

髙木先生は揮毫後、「5万人近い方が見ていることを考えずに揮毫しましたが、やはり緊張しました。普段は自分一人しかいない静かな部屋で書くので、貴重な体験でした。書の伝統をこうした形で披露することができ、書の発展のために良い場所を与えていただいたと思います」と話していました。

人気を集めた「令和」記念撮影コーナー

 

 

 

2019年5月8日(水)15:29

第22回 一水会

第22回 一水会

 

2019年5月18日(土)~22日(水) O(オー)美術館(JR大崎駅・北改札東口から2分)

 

一水会(代表:師田久子)

 

 

2019年5月7日(火)10:15

第50回 国書展

第50回 国書展

 

2019年5月12日(日)~18日(土) 東京都美術館

 

第50回記念特別展示 津金隺仙・津金孝邦 自選作

 

凌雲書道会(代表:津金孝邦)

 

 

 

2019年5月7日(火)10:10

生誕130年記念 鈴木翠軒展

生誕130年記念 鈴木翠軒展

 

2019年5月14日(火)~19日(日)  鳩居堂画廊(東京・銀座)

 

日本芸術院、田原市博物館(愛知県)、個人が所蔵する作品約20点と文房具を展観

 

翠心会(特別顧問:鈴木朝子 会長:太田海軒)

 

 

 

2019年5月7日(火)10:05