北海道展(11/21~25)_関連イベント情報

「第35回読売書法展・北海道展」(11/21~25 札幌市民ギャラリー)

 

<イベント・カレンダー>

 

11月21日(水)

11:00 作品解説会(渡辺翠波先生・北海道展副実行委員長)

14:00 作品解説会(八巻水鴎先生・北海道展副実行委員長)

 

 

11月22日(木)

11:00 作品解説会(加藤正叙先生・北海道展副実行委員長)

14:00 作品解説会(滑志田方苾先生・北海道展副実行委員長)

 

11月23日(金・祝) 

11:00~12:30 親子習字教室(市民ギャラリー2階予備展示室)

14:00~16:00 席上揮毫会(展覧会場)

 

<実演者>

 漢字  樽本 樹邨 先生(特別賞選考委員、北海道展顧問)

 漢字  髙木 聖雨 先生(特別賞選考委員、35回展総務部長)

 かな  師田 久子 先生(特別賞選考委員、35回展審査進行)

 

11月24日(土)

※表彰式開催のため、ギャラリーでの関連イベントはありません

 

11月25日(日)

11:00 作品解説会(阿部和加子先生・北海道展実行委員長)

12:30 篆刻教室①(市民ギャラリー2階予備展示室)

14:00 篆刻教室②(市民ギャラリー2階予備展示室)

 

 

「作品解説」はいずれも展覧会場にて1時間程度。

「作品解説」「席上揮毫」ともに参加無料。ただし、入場券が必要です

 

 

【親子習字教室・篆刻教室の参加申し込み】

「親子習字教室」「篆刻教室」はいずれも事前申し込み制です。(各回先着50名)

ご希望の方は住所、氏名、年齢、電話番号、希望教室名、希望時間を明記し、ファクス(011・242・3153)。問い合わせは、読売新聞北海道支社総務部(電話011・242・5630)へ。

 

※実施日や担当書家に変更が出る場合がありますのであらかじめご了承ください。

2018年11月10日(土)09:00

第14回 一色会 かな書展

第14回 一色会 かな書展

 

2018年12月11日(火)~12月16日(日)

 

東京・鳩居堂画廊

 

一色会(代表:寺岡棠舟)

 

 

2018年11月10日(土)08:58

第70回記念 正筆展

第70回記念 正筆展

 

2018年12月7日(金)~9日(日) 午前10時~午後5時(9日は午後4時まで)

兵庫県立美術館王子分館 原田の森ギャラリー

(阪急王子公園駅、JR灘駅)

 

正筆会(会長:黒田賢一)

 

 

2018年11月10日(土)08:57

第58回 璞社書展

第58回 璞社書展

 

2018年12月4日(火)~12月9日(日) 大阪市立美術館 地下展覧会室

 

璞社(会長:江口大象)

 

 

2018年11月10日(土)08:53

台東区立書道博物館で中村不折展

 

 

 

明治から昭和の初めにかけて活躍した洋画家、書家の中村不折(1866~1943年)の歩みを紹介する「中村不折のし・ご・と-画家として、書家として-」が東京・根岸の台東区立書道博物館で開かれています。不折の書、水彩、油彩、挿絵、看板・商品ラベル等と、正岡子規、森鷗外、夏目漱石ら知人・友人の書簡ほか60点が並んでいます。

 

 

 

 

左から「隷書李白五言律詩軸」「草書薛能(せつのう)七言絶句軸」「草書七言二句軸」 いずれも中村不折筆

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

不折は、洋画家として実績を積む一方、新聞・雑誌の挿絵でも名を上げ、文豪・夏目漱石は自著「吾輩は猫である」の人気を不折の挿絵のおかげだとして、礼状を認めました=写真下=。

 

後半部分に「大に売行上の御景気を助け候事と深く感謝致候」とある

 

(さらに…)

2018年11月9日(金)11:44

35回展記念事業の映像を公開しました。

35回展特別展示「読める書への挑戦」の記念映像を当サイトにアップしました。

映像は、東京展(国立新美術館)の展示風景の様子です。

 

トップ画面のスライド画像から該当ページをクリックいただくか、

下記のページからもご覧になれます。

メニュー「動画」:https://yomiuri-shohokai.com/video.html

 

35回展の記念事業として実施した東京展での「席上揮毫・篆刻会」のダイジェスト映像も公開していますので、じっくりとご覧ください。

 

2018年11月7日(水)19:39

日展_内閣総理大臣賞に高木厚人先生

11月2日に東京・六本木の国立新美術館で開幕した「改組 新 第5回日本美術展覧会(日展)」において、内閣総理大臣賞には書部門(第5科)を代表して、第35回読売書法展事務長の高木厚人・読売書法会常任理事が受賞したことが発表されました。

 

書部門(第5科)では、中村伸夫・常任理事が東京都知事賞を、井上清雅・常任理事が会員賞を受賞されました。

 

 

 

 

2018年11月2日(金)18:35