第20回記念 青森県読売書法会展

第20回記念 青森県読売書法会展

 

2018年11月9日(金)~11日(日)

 

青森市・協同組合タッケン美術展示館(青森市民美術展示館)

 
青森県読売書法会(代表:石澤桐雨)

 

 

 

2018年10月19日(金)10:00

第32回 青濤書展

第32回 青濤書展

 

2018年11月7日(水)~11日(日)

 

東京・銀座かねまつ本店ホール

 

青濤会・大倉書道会(代表:川口青澄)

 

 

2018年10月19日(金)09:58

成田山書道美術館で「明治150年の書道」展

成田山書道美術館(千葉県成田市)の開館25周年を記念した名品選「明治150年の書道」が6月から半年間にわたって開かれています。

Ⅰ期「混沌の時代〈明治〉」(6月16日~8月26日)、Ⅱ期「書壇の確立〈大正・昭和初期〉」(9月1日~10月21日)、Ⅲ期「新生と爛熟、これから。〈昭和後期・平成〉」(10月27日~12月16日)の3期で構成。明治維新から今日までに大きな変化を遂げてきた近現代の書の流れを、成田山新勝寺の所蔵品も含む豊富なコレクションから200点あまりを選んで紹介しています。

 

Ⅱ期「書壇の確立〈大正・昭和初期〉」 西川寧、小坂奇石、手島右卿、津金寉仙、大池晴嵐の書(左から)

公益財団法人成田山文化財団が運営する同美術館は、1992年に開館。約2000件の所蔵品でスタートしましたが、その後も数多くの寄贈を受け続け、現在では3倍の約6000件にのぼります。

山﨑亮・学芸主任は「25年でここまでコレクションを大きくさせていただいた。寄贈者の皆さまに還元する気持ちもあります」と企画のもう一つの趣旨を説明します。

 

Ⅰ期「混沌の時代〈明治〉」は、新政府で公用文書を扱う部署に日下部鳴鶴、巌谷一六などの「唐様(からよう)」の書を得意とする人々が集まったため、公用書体が江戸時代の「御家流」から唐様へと変化していった時期。一方で従来の古い書体も存在しており、国交を結んだ中国との交流から当時の清で流行していた碑学も盛んとなって、まさに混沌とした状況を呈します。 (さらに…)

2018年10月16日(火)16:27

江口大象個展「大象のかたち」展 ~弐~

江口大象個展「大象のかたち」展 ~弐~

 

2018年10月2日(火)~11月18日(日) 長野市・驥山館

 

一般財団法人驥山館

 

 

 

2018年10月4日(木)17:32

第30回東京白鷗会記念書展

第30回東京白鷗会記念書展

 

2018年10月30日(火)~11月4日(日) 東京銀座画廊・美術館

 

東京白鷗会

 

 

 

 

2018年10月4日(木)17:22

鈴木赫鳳展

鈴木赫鳳展

 

2018年10月2日(火)~28日(日)
筑波銀行つくば本部ビル2階ギャラリー(茨城県つくば市竹園1-7)

 

席上揮毫 7日(日)、28日(日) いずれも午前11時~

 

 

 

2018年9月20日(木)14:00

第25回 関東地区三余会展

第25回 関東地区三余会展

 

2018年10月19日(金)~21日(日)

東京銀座画廊・美術館

 

関東地区三余会(代表:田頭一舟)

 

 

 

2018年9月20日(木)13:58

第47回 青硯同人展

第47回 青硯同人展

 

2018年10月19日(金)~24日(水)

東京・有楽町朝日ホールギャラリー

 

青硯書道会(代表:清水松塢)

 

 

 

2018年9月20日(木)13:57

寒玉書道会 第14回選抜展

寒玉書道会 第14回選抜展

 

2018年9月22日(土)・23日(日)

京都・西本願寺 聞法会館3F

 

寒玉書道会(代表:堀井聖水)

 

 

2018年9月13日(木)14:56

米寿記念 米川香庵書展

米寿記念 米川香庵書展

 

2018年9月24日(月・休)~30日(日)

※9時30分~午後5時。最終日は正午まで。25日(火)休館。

 

茨城県陶芸美術館 県民ギャラリー

(茨城県笠間市・笠間芸術の森公園内)

2018年9月12日(水)17:12