日展_内閣総理大臣賞に高木厚人先生

11月2日に東京・六本木の国立新美術館で開幕した「改組 新 第5回日本美術展覧会(日展)」において、内閣総理大臣賞には書部門(第5科)を代表して、第35回読売書法展事務長の高木厚人・読売書法会常任理事が受賞したことが発表されました。

 

書部門(第5科)では、中村伸夫・常任理事が東京都知事賞を、井上清雅・常任理事が会員賞を受賞されました。

 

 

 

 

2018年11月2日(金)18:35

井茂圭洞先生 文化功労者に

読売書法会最高顧問の井茂圭洞先生(82)が、平成30年度の文化功労者に選ばれました。

 

現職の読売書法会役員では、最高顧問の日比野光鳳先生(平成23年)、尾崎邑鵬先生(同28年)に続く選出となります。

 

 

 

 

 

2018年10月26日(金)18:00

土橋靖子先生 芸術院賞に

読売書法会常任理事の土橋靖子先生が、平成29年度(第74回)の日本芸術院賞を受賞しました。

 

授賞式は6月に日本芸術院会館で行われる予定で、土橋先生は受賞日をもって読売書法会常任総務に昇格します。

 

 

 

 

2018年3月23日(金)12:00

訃報 

平成30年3月9日、読売書法会の創設にご尽力いただいた

故・青山杉雨先生の妻、青山トクさん(97)が逝去されました。

告別式は親族で済まされています。

謹んでご冥福をお祈りいたします。

2018年3月13日(火)10:00

山内觀回顧展 東京で開幕

没後23年を迎えた山内觀の回顧展が、東京・表参道のアートスペースリピーナ で始まりました。

山内觀は昭和3年(1928年)、京都府南桑田郡畑野村(現亀岡市)生まれで京都師範・京都学芸大(現京都教育大)卒。辻村史邑、村上三島に師事して書作家として歩むと共に、長く母校・京都教育大で教鞭をとり、気さくな人柄で広く慕われました。

昭和30年(1955年)に日展初入選の後、昭和45年、49年に日展特選を受賞。その後も書壇で活躍を続け、将来を嘱望されましたが、平成8年(1996年)、白血病のため67歳の若さで他界しました。

今回の回顧展には昭和38年から平成7年までの作品34点が出品され、早くも多くのファンが訪れ鑑賞しています=写真=。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

東京展は11日までアートスペースリピーナ (東京都港区北青山3-5-25 表参道ビル4階: 東京メトロ表参道駅A3出口) で開催。9,10日は午後7時まで、11日は午後4時まで。

 

この後、23日から25日まで京都・堀川御池ギャラリーで開かれます。京都展では「柚子の風呂」(平成7年)などを加えた合計71点が展示されます。

 

問い合わせは山内觀回顧展実行委員会(075-461-9036)へ。

 

 

2018年3月9日(金)14:24

山内觀回顧展 明日から

山内觀回顧展 (さらに…)

2018年3月8日(木)15:41

やよい展‐日本の心、点と線と面の造形美

やよい展‐日本の心、点と線と面の造形美

 

2018年3月2日(金)~3月10日(土) 京王プラザホテルロビーギャラリー

 

香瓔会

2018年3月2日(金)09:00

九州国立博物館で席上揮毫会

福岡県太宰府の九州国立博物館で、18日、特別展「王羲之と日本の書」(読売書法会協力)の関連企画として、読売書法会常任総務の髙木聖雨先生、参与の吉村宣枝先生などによる席上揮毫会が開かれました。

先生方の書作を見られる滅多にない機会とあって注目を集め、ホールと別室の鑑賞スペースで合わせて約530人の観客が鑑賞しました。

展覧会は4月8日まで開催されています。

 

 

 

2018年2月18日(日)20:52

九州国立博物館で黒田賢一先生など席上揮毫会

 

九州国立博物館(福岡県太宰府市)で開催されている特別展「王羲之と日本の書」(読売書法会協力)の関連企画として、11日、同博物館で読売書法会常任総務の黒田賢一先生、参事の陣軍陽先生、常任理事の岩田海道先生による席上揮毫会が開かれました。

 

小雪が舞う天候にもかかわらず遠方から駆けつけたファンも多く、特別に設けたモニター観覧のスペースを含めて観覧者はおよそ500人に達しました。

(さらに…)

2018年2月11日(日)23:09

特別展「王羲之と日本の書」 九州国立博物館で開会式・内覧会開かれる

特別展「王羲之と日本の書」 開会式・内覧会

 

 

9日午後、福岡県太宰府市の九州国立博物館で特別展「王羲之と日本の書」の開会式と内覧会が開かれました。
国宝、重要文化財を含む名作がそろうとあって期待も高く、900人近い方々が参集し、王羲之や嵯峨天皇、小野道風、栄西、西郷隆盛らの書に見入っていました=写真=。

 

 

 

一般公開は4月8日まで。

 

会期中展示替えがあります。詳しくは九州国立博物館の同展のホームページ出品目録http://www.kyuhaku.jp/exhibition/img/s_50/exhibition_s50.pdf
でご確認ください。

 

2018年2月9日(金)18:18