東京展が2会場(六本木、上野)で開幕

36回読売書法展の東京展が23日、六本木の国立新美術館(9月1日まで。8月27日は休館)と、上野の東京都美術館(8月29日まで)の2会場で開幕しました。両会場を合わせて約8000点が展示され、朝から多くの人が訪れました。

国立新美術館で

 

東京都美術館に並ぶ最高幹部の第2作品(調和体)

 

東京展実行委員の先生方によるギャラリートークも始まり、午前中は東京都美術館で岩井秀樹先生(かな)、午後は国立新美術館で中村伸夫先生(漢字)=写真=が、最高幹部の先生方の作品を中心に見どころを解説しました。

 

展示作品の撮影可能に

今回展から、展示作品の撮影が個人的で非営利の目的に限ってOKとなり、作品をスマートフォンや携帯電話で写す来場者が多数見られました。

また、最高顧問、顧問、常任総務の先生方の作品に添えられた写真・略歴付きのプレートに印刷されたQRコードをスマートフォンなどで読み取ると、特設サイトで作品画像と作者コメントを読むことができるサービスも新たに始まり、好評を呼んでいます。

 

※東京展の展示区分、関連イベントについては、次のリンク先をご覧ください。

東京展_展示区分と関連イベント情報

 

 

 

 

2019年8月23日(金)18:10

第19回 龍賓選抜書展

19回 龍賓選抜書展

 

 

2019821日(水)~26日(月)  東京・セントラルミュージアム銀座

 

 

龍賓書道会(代表:星弘道)

 

 

 

2019年8月16日(金)10:00

和洋女子大学で夏期公開講座(書道)50周年記念講演会

個別発表に続いて行われたパネルディスカッション

 

和洋女子大学(千葉県市川市)で1970年に夏期公開講座(書道)が開設されてから50周年を迎えたのを記念して、87日に同大で「“書文化”の未来」をテーマにしたパネルディスカッションが開かれました。学生や書道関係者など約150人が参加し、3時間近くにわたる講演と討議に耳を傾けました。

 

パネリストは加藤東陽・東京学芸大学名誉教授(書写書道教育の分野から)、平形精逸・静岡大学名誉教授(高校・大学書道教育の分野から)、土橋靖子・大東文化大学特任教授(書家としての視野から)、大橋修一・埼玉大学名誉教授(日本文化としての視野から)の4先生。進行役を湯澤聡・和洋女子大学教授が務めました。

 

まず、パネリストの4先生が個別に意見発表を行いました。

加藤先生は、来年度から小学校の新しい学習指導要領が実施されることに伴い、小学校~高校の書道教育がどのように変わるかを説明。他の教科と同じく、書道も「普段の生活に生かされることを大きな目標にしている」と指摘し、毛筆の運筆を硬筆(鉛筆)の基礎作りと位置づけることや、多様な表現を持つ文字文化の豊かさを学ばせることなどを挙げました。

 

加藤東陽・東京学芸大学名誉教授

 

平形先生は、高校・大学の書道教育の現状と課題を紹介。これまで高校では小中学校の書写教育と切り離された「芸術科書道」として扱われていたのが、学習指導要領「現代の国語」の「内容の取扱い」の中で、「書くこと」に関する指導について「中学校国語科の書写との関連を図り、効果的に文字を書く機会を設けること」という一文が加えられたことを指摘。「戦後70年の高校国語で、初めて書写が位置付けられたのは画期的」と述べました。

また、大学における書道教育が中国文学科や国文学科などに従属する扱いとされてきたのが、近年は書道専攻を設ける大学が増えたと説明。その一方、地方大学の教育学部は教員養成を主目的としているため、書の面白さを学ぶのは二の次、三の次となっており、教職に就いても子どもたちに書の楽しさを教えられないことなどを問題点に挙げました。

 

平形精逸・静岡大学名誉教授

 

土橋先生は、高大展(全日本高校・大学生書道展)の最終審査に関わった体験から、「本審査まで残った作品群は本当にうまい。しかし、大学を卒業しても大好きな書が生かせる職に就ける人はわずかしかいない」と受け皿があまりに少ない現実を指摘。また、社会における書芸術の認知度の低さを憂い、「ある大企業に招かれた時、貴賓室に向かう廊下に有名画家の絵画が並んでいたが、その中に書がなく、書が芸術として認められていない悲しさ、空しさ、くやしさを覚えた。興味を持って下さる方が一人でも増えるよう、書芸術の地位向上に努力していきたい」と語りました。

 

土橋靖子・大東文化大学特任教授

 

大橋先生は、「欧米のアートでは『なぜあなたはこの作品を作ったのか?』と言われた時に説明できないと、作品として成り立たない。書も、ただ書ければいいというのではなく、どんな意図で作ったのかを自分の言葉で文章化し、発信することが求められる時代だと思う」と述べました。

 

大橋修一・埼玉大学名誉教授

 

その後の討議では、来年度から小学生の書写教育で使う「水筆」を硬筆(鉛筆)と同じ持ち方で指導することの是非や、大学の教員養成で筆を持つ時間がきわめて少なく、児童に教えるだけの十分な技量が身に付かない問題などが話し合われました。

 

 

 

 

2019年8月15日(木)10:01

第5回 由源 浪華女流書道展

第5回 由源 浪華女流書道展

 

2019年8月20日(火)~25日(日) 東京・鳩居堂画廊

 

由源社(代表:尾崎邑鵬)

 

 

2019年8月15日(木)10:00

第15回 鑒古印社篆刻展

第15回 鑒古印社篆刻展

 

2019年8月19日(月)~25日(日) 銀座幸伸ギャラリー

 

 

鑒古印社(代表・内藤富卿)

 

 

 

 

2019年8月15日(木)09:52

新聞特集にて大賞・準大賞作品発表

8月11日付の読売新聞朝刊(全国版)に見開きで、「第36回読売書法展」の特集が掲載されました。

 

1日に決定した今回の「読売大賞」および「読売準大賞」の作品や、読売書法会の最高顧問、顧問、常任総務13人の新作がカラーで紹介されています。

 

審査部長を務めた髙木聖雨先生の総評や、各作品評もぜひ参考にしてみてください。

 

9日からは、各都道府県の受賞者名簿が部門別で、読売新聞・朝刊に掲載され(地域によって、掲載日は異なります)、全4回連載「特選この1点」も13日から始まりました。

 

23日に開幕する東京展の開催にあわせ、各都道府県の出品役員名簿や、「読売新聞社賞」の全65作品を一挙紹介する2回目の特集記事も予定されています。

 

8月はぜひじっくりと読売新聞をご覧ください。

 

 

 

 

 

2019年8月12日(月)13:00

作品集、鑑賞ガイドを作成中

猛暑が続く中、第36回読売書法展の「役員作品集」「入賞作品図録」「CD-R版作品集」などの編集が進められています。

 

4日(日)には朝から東京都内の印刷会社に書家の先生や事務方など約20人が集合。作者の名前や図版が正しく記載されているかどうか、校正刷りで1点ずつチェックしました。「CD-R版作品集」の校正作業では、大学で書を学ぶ学生たち約20人も参加し、先生方と3人一組で照合を行いました。

 

 

 

 

2019年8月5日(月)17:20

審査終了、顕彰と展覧会の準備進む

第36回読売書法展は8月1日午後に最高賞の「読売大賞」を決定し、7月26日から1週間にわたる鑑別・審査をすべて終了しました。

 

審査会場のサンシャインシティ文化会館(東京・東池袋)では、さっそく入選・入賞された方への顕彰と、東京展(8月23日から国立新美術館、東京都美術館で開催)をはじめ全国8都市を巡回する展覧会の準備が本格化しています。

 

2日朝からは「入選證」「賞状」の揮毫が始まりました。約30人の書家の先生方が長テーブルに向かい合って並び、名簿を確認しながら一人一人の名前を心を込めて書き入れています。すべて書き終えるまで3日間を要する作業です。

 

 

 

2019年8月2日(金)17:30

第44回 雪心会選抜書作展

第44回 雪心会選抜書作展

 

2019年8月1日(木)~5日(月) 上野の森美術館(東京・上野公園)

 

入場料:一般500円、大学生以下無料

 

 

雪心会(代表:中村伸夫)

 

 

 

2019年8月2日(金)11:39