35回展 1万5,485人が応募

「第35回読売書法展」(読売新聞社、読売書法会主催)の出品受け付けが6月21日、東京・大手町の読売新聞東京本社で行われ、1万5,485人の応募がありました。

 

今回受け付けした作品は、7月下旬に審査され、8月上旬に各賞が決定する予定です。

当ホームページでも、決定翌日の正午までに、速報を発表します。

 

なお、8月に開幕する「東京展」(8月23日~29日東京都美術館、同24日~9月2日国立新美術館)の展示区分が下記のとおり大幅に変更になりますのでご注意ください。

 


<35回展特別展示に伴う東京展・展示区分の変更>

 

 国立新美術館: 特別展示「読める書への挑戦」

 

※最高顧問、顧問、常任総務、執行役員の第1、第2作品がともに国立新美術館に展示されます。

「読める書への挑戦」は、読売書法会創立期の幹部書家ら先達の「漢字かな交じり書」や「調和体」など約50点を紹介する35回展を記念した特別展示です。

 

 東京都美術館: 35回展の特別賞受賞作品

 

※今回に限り、読売大賞・準大賞・新聞社賞・俊英賞・奨励賞の受賞作品はすべて東京都美術館に展示されます。

 

 

2018年6月22日(金)12:20

第70回記念 朝陽書道会展

第70回記念 朝陽書道会展

~髙木聖鶴先生をかこむ70本の巻子~

 

2018年6月22日(金)~6月24日(日)

岡山県天神山文化プラザ

 

朝陽書道会

 

2018年6月22日(金)09:30

第16回美しいかな書展

第16回美しいかな書展

 

2018年6月20日(水)~6月25日(月)

福山・天満屋7階大催場

 

仙台三余会(代表・田頭一舟)

 

 

 

2018年6月20日(水)09:30

「近世の書と文学」展 東京・センチュリーミュージアムで開催中

東京・新宿区早稲田のセンチュリーミュージアムで、「江戸文化に見る唐様と和様   近世の書と文学」展が開かれています。
本阿弥光悦ほか「寛永の三筆」から、池大雅、与謝蕪村らを経て小林一茶まで、安土桃山時代〜江戸時代の唐様、和様の書の多様な魅力を約30点で展観しています。小ぶりながら、江戸の書を落ち着いて味わうことの出来る展覧会です。

 
6月30日まで。問い合わせは同ミュージアム(03・6228・0811)へ。

 

(さらに…)

2018年6月18日(月)17:49

青山トク様お別れの会 開かれる 

3月9日に逝去された青山トク様(故青山杉雨先生の妻、享年97歳)のお別れの会が17日、東京・ホテルオークラで開かれました。青山先生の没後も、青山先生の作品や中国の書画などを東京国立博物館に寄贈するなど、書道界の発展に貢献されました。書道界を中心に約260人が参列し、献花を行いました。

 

2018年6月17日(日)16:15

第57回書象展

第57回書象展

 

2018年6月14日(木)~24日(日)

国立新美術館

 

書象会(理事長:市澤静山)

 

2018年6月14日(木)09:00

第30回青硯書道会展

第30回青硯書道会展

 

2018年6月8日(金)~6月11日(月)

シアター1010

 

青硯書道会

2018年6月8日(金)09:00

第43回鐵門社書展・第39回鐵門社学生書展

第43回鐵門社書展・第39回鐵門社学生書展

 

2018年6月6日(水)~6月10日(日)

神奈川県民ホール

 

鐵門社(代表:平松千恵子)

 

2018年6月6日(水)09:00

第7回寄鶴文社書展 大賞は調和体作品

第7回寄鶴文社書展が東京・東池袋のサンシャインシティ文化会館2階展示ホールDで開かれています。特別展覧として青山杉雨、成瀬映山両先生の遺作が出品されていますが、その作品と向き合う壁面に、今年の大賞に選ばれた塚越桃香さんの調和体作品が展示されています。

題材は、東京・原宿の美術館で見かけた北斎の浮世絵に触発されて綴ったというご自身の言葉。確かな構成の中に「画かき三昧の北斎は、晩年になっても絵の神髄を求め続けた」など北斎への敬慕の念が反映された言葉が並びます。調和体ならではの自在で率直な気持ちが感じられる作品です。

同展は3日まで。

2018年6月1日(金)18:52

第9回采真書社展

第9回采真書社展

 

2018年6月1日(金)~3日(日)

東京銀座画廊・美術館

 

采真書社(代表:鈴木春朝)

 

 

2018年6月1日(金)09:00