読売書法会の歩み

 読売新聞社は1984年、読売書法会を創立し、第1回「読売書法展」を開催しました。本展は、古典、伝統の書を中心とする厳格な1人1点主義の公募展で、漢字・かな・篆刻の3部門で出発。1995年に漢字とかな混じり書きの調和体部門が加わりました。発足当時の書道人口1500万人。書は大変底辺の広い分野として知られ、これをさらに振興、発展させたいとの趣旨から、厳正審査による質の向上を図る狙いでスタートしたものです。


 当時、読売新聞社社長の故小林與三次と書家の西川寧、柳田泰雲の呼びかけで、漢字、かな、篆刻の書壇指導者が結集して、第1回の書法展開催にこぎつけました。創立に尽力した当時の幹部には、漢字の青山杉雨、上條信山、小暮青風、廣津雲仙、殿村藍田、村上三島ら、かなの日比野五鳳、桑田笹舟、今関脩竹、宮本竹逕、杉岡華邨ら、篆刻の小林斗盦、梅舒適、吉野松石らがいました。


 第1回読売書法展の応募数は、漢字・かな・篆刻3部門計で約1万3700点。展覧会は東京、関西、九州の3会場でした。現在では、4部門(漢字・かな・篆刻・調和体)8会場(東京、関西、九州、中部、中国、四国、東北、北海道)で開催しており、第20回展を機に掲げた開催理念「本格の輝き」のもと、現在では2万3000点を超える国内最大規模の公募展に成長しました。


 読売書法展のほかにも、米国、イタリア等を巡回した「日本書法巨匠展」(1984~85年)をはじめ、10周年記念の「西川寧展」(1993年)、15周年記念の「日中書法名品展」(1998年)など、"古典・伝統の書"に関する企画を次々と行っています。また、関係する書道団体の各種事業を後援するなど、書芸術の発展に向けて幅広い活動を展開しています。(文中敬称略)

主な活動

読売書法展の開催と運営

各書道団体との共同主催・後援事業(展覧会、審査会等)

各団体展覧会の紙面支援(開催・募集社告、入賞者名掲載など)

発行物

  • 会報
    年3回発行 約65,000部
  • 読売書法展役員作品集
    最高顧問・顧問・常任総務・常任理事・理事らの出品作品
  • 読売書法展入賞作品図録
    読売大賞・読売準大賞・読売新聞社賞・俊英賞・奨励賞・特選 作品
  • 読売書法展作品集(CD-R)
    最高顧問・顧問・常任総務・参事・常任理事・賛助会員・参与・理事・幹事・評議員の出品作品

読売書法展以外に開催した展覧会・イベント

  • 日本書法巨匠展(1984年6月)
  • 蘭亭書会(1987年4月)
  • 西泠印社展(1988年2月)
  • 読売書法会10周年記念・西川寧展(1993年10月)
  • 読売書法会15周年記念シンポジウム(1998年10月)
  • 日中書法名品展(1998年10月)
  • 西川寧展(2002年8月/東京国立博物館)
  • 海を渡った中国の書~エリオットコレクションと宋元の名蹟」展 (2003年4~6月/大阪市立美術館)
  • 「生誕100年 青山杉雨の眼と書」展(2012年7月/東京国立博物館)
  • 「和様の書」展(2013年7月/東京国立博物館)

平成29年度読売書法会 役員の在籍者数 ※平成29年3月1日現在

部門名

最高顧問

顧問

常任総務

参事

常任理事

賛助会員

参与

理事

幹事

評議員

漢字

2

3

3

18

75

13

94

871

1566

1462

4107

かな

2

3

1

10

34

11

98

579

1093

1005

2836

篆刻

     

2

12

 

3

52

75

69

213

4

6

4

30

121

24

195

1502

2734

2536

7156