【読売書法会 役員の皆様へ】書作活動情報 ご提供のお願い

読売書法会 役員の皆様

 

拝啓 平素は読売書法会の運営に、ご協力をいただき、ありがとうございます。

 

新型コロナウイルス感染症の深刻な影響により、「第37 回読売書法展」の開催を1年延期することとなりましたが、本会関係者のご理解をいただき御礼申し上げます。

 

このような環境下ではありますが、読売書法会事務局では、社会生活の一層のオンライン活用や新しい在宅での活動が進む「新たな日常」のもと、さまざまな試みや工夫によって書活動に挑む書作家の先生方のご活躍の“現在”を、当HP「書作活動のいま」で紹介しています。

 

つきましては、先生方が「新しい日常」を迎え、日頃と違ったり、工夫されている書活動がございましたら事務局までお知らせください。

先生方または教室が既に運営しているWEB サイトやSNSなどがございましたら、URLやアカウントもご回答いただけますと幸いです。

また、地方自治体や企業とタイアップした書活動などがあれば、この機会にご教示ください。

 

ご回答は、事務局メールアドレス(t-shohokai@yomiuri.com) 宛にお送りいただければ幸いです。

その際、件名に「書活動情報・〇〇(先生または教室のお名前)」、

メール本文に、

①ご姓号

②教室名

③資格

④居住地

⑤ご活動の内容

をご記入いただき、様子がわかる画像や動画もございましたら添付(内容の解説も)ください。

 

郵送(〒100-8055東京都千代田区大手町1-7-1 読売新聞東京本社事業局内読売書法会事務局)、ファクス(03-3216-8977) でご回答(書式自由)いただいても結構です。

 

ご多忙のところ大変恐縮ですが、ご回答のほど何卒宜しくお願い申し上げます。

 

敬具

 

〈ご活動例〉
① オンライン書道教室を始めました。
動画配信だけでなく、テレビ会議システムも使い、対話しながらの指導も行います。

 

② 新聞紙上に「打倒感染症」の揮毫を提供。
揮毫は2020年〇月△日の朝刊☓面に掲載。

 

③ インスタグラムとYouTube にて「3 密を避ける」「ステイホーム」の揮墓を投稿しました。
インスタグラムアカウント: @*****_shodo_ official
Youtube アカウント:***会_YouTube

2020年11月6日(金)15:00

全国書道教室ページに新ページ「書作活動のいま」を公開しました

全国書道教室ページに、新ページ「書作活動のいま」を公開しました。

 

 

さまざまな試みや工夫によって書活動に挑む先生方のご活躍の“現在”を紹介していきます。

 

初回は読売書法会常任理事・吉澤鐵之先生のご活動です。

 

 

ぜひご覧ください。

 

 

2020年9月1日(火)15:00

【ギャラリー】星弘道先生、髙木聖雨先生、土橋靖子先生、真神巍堂先生の作品を追加

ギャラリーに読売書法会常任総務の星弘道先生、髙木聖雨先生、土橋靖子先生、真神巍堂先生の作品を追加公開しました。

2020年8月28日(金)15:00

【ギャラリー】杭迫柏樹先生、池田桂鳳先生、樽本樹邨先生の作品を追加

ギャラリーに読売書法会顧問の杭迫柏樹先生、池田桂鳳先生、樽本樹邨先生の作品を追加公開しました。

2020年8月26日(水)15:00

【ギャラリー】津金孝邦先生、新井光風先生の作品を追加

ギャラリーに読売書法会顧問の津金孝邦先生と新井光風先生の作品を追加公開しました。

2020年8月24日(月)15:00

【ギャラリー】榎倉香邨先生、梅原清山先生の作品を追加

ギャラリーに読売書法会顧問の榎倉香邨先生、梅原清山先生の作品を追加公開しました。

2020年8月21日(金)15:00

【ギャラリー】尾崎邑鵬先生、黒田賢一先生の作品を追加

ギャラリーに読売書法会最高顧問の尾崎邑鵬先生と黒田賢一先生の作品を追加公開しました。

2020年8月19日(水)15:00

HPに「ギャラリー」ページを新設しました

読売書法会HPに「ギャラリー」ページを新設しました。

 

第37回読売書法展が1年延期となりましたが、この度、最高顧問、顧問、常任総務計15名の先生方に書作品をご提供いただき、同ページで順次、公開していきます。

 

また、書作が困難な時期にあっても、筆を手に取り書作を進めている後進書家の皆さまへのメッセージもいただきましたので、併せて掲載いたします。

 

今回は読売書法会最高顧問の日比野光鳳先生と井茂圭洞先生の作品です。

 

ぜひご覧ください。

2020年8月17日(月)15:00

「日本の書200人選」展 公式HPで動画を公開

東京・六本木の国立新美術館で6月21日まで開催中の「日本の自然と書の心『日本の書200人選~東京2020大会の開催を記念して~』」展を紹介する動画が、展覧会公式ホームページで公開されました。

 

書家202人の作品、代表書家の展示作品制作映像、児童・青少年の各種コンクール優秀作品、青森の特別支援学校の卒業生3名の作品、文房四宝(筆墨硯紙)など書道用具の展示、販売コーナーと、会場の雰囲気がよく分かる約18分間の映像となっています。

 

お時間のある方はぜひ、会場まで足を運んでみてください!

2020年6月17日(水)10:00

「日本の書200人選」展 国立新美術館で開幕

東京五輪・パラリンピックに向けて日本の書道文化を広く発信する「日本の自然と書の心『日本の書200人選~東京2020大会の開催を記念して~』」展が6月11日、東京・六本木の国立新美術館で始まりました(21日までの会期で、16日は閉館)。

 

読売書法会、毎日書道会、産経国際書会などから202人の書家が出品。季節を詠んだ和歌や、オリンピック憲章の一節、スポーツの感動などを表現した多彩な作品が並びました。11人の書家の制作風景を撮影した動画を同時上映するコーナーも人気を呼んでいます。

 

 

 

 

また、児童・青少年の各種コンクール優秀作品を紹介。さらに青森県八戸市の書家・養護学校教諭の西里俊文さんが1999年にボランティアで始めた書道教室に通う特別支援学級の卒業生3人の作品を展示し、これまでの成長ぶりを記録した映像も上映しています。

 

なお、国立新美術館では、同じ会期で第48回「日本の書展」東京展、第59回 書象展 (主催:書象会)も開かれています。

 

 

2020年6月11日(木)16:00