成田山書道美術館で「明治150年の書道」展

成田山書道美術館(千葉県成田市)の開館25周年を記念した名品選「明治150年の書道」が6月から半年間にわたって開かれています。

Ⅰ期「混沌の時代〈明治〉」(6月16日~8月26日)、Ⅱ期「書壇の確立〈大正・昭和初期〉」(9月1日~10月21日)、Ⅲ期「新生と爛熟、これから。〈昭和後期・平成〉」(10月27日~12月16日)の3期で構成。明治維新から今日までに大きな変化を遂げてきた近現代の書の流れを、成田山新勝寺の所蔵品も含む豊富なコレクションから200点あまりを選んで紹介しています。

 

Ⅱ期「書壇の確立〈大正・昭和初期〉」 西川寧、小坂奇石、手島右卿、津金寉仙、大池晴嵐の書(左から)

公益財団法人成田山文化財団が運営する同美術館は、1992年に開館。約2000件の所蔵品でスタートしましたが、その後も数多くの寄贈を受け続け、現在では3倍の約6000件にのぼります。

山﨑亮・学芸主任は「25年でここまでコレクションを大きくさせていただいた。寄贈者の皆さまに還元する気持ちもあります」と企画のもう一つの趣旨を説明します。

 

Ⅰ期「混沌の時代〈明治〉」は、新政府で公用文書を扱う部署に日下部鳴鶴、巌谷一六などの「唐様(からよう)」の書を得意とする人々が集まったため、公用書体が江戸時代の「御家流」から唐様へと変化していった時期。一方で従来の古い書体も存在しており、国交を結んだ中国との交流から当時の清で流行していた碑学も盛んとなって、まさに混沌とした状況を呈します。 (さらに…)

2018年10月16日(火)16:27

【中部展】最終日は通常開館

中部展最終日となる10月1日は通常通り、午前10時に開館します。

2018年10月1日(月)08:17

【中部展】30日_15時30分臨時閉館のお知らせ

本日、「読売書法展・中部展」は、台風の接近にともなう交通機関の運休と天候の悪化を踏まえ午後3時30分で終了させていただきました。

 
なお、明日の最終日は、現時点で通常通り午前10時に開場する予定です。

2018年9月30日(日)16:00

【中部展】30日開館のお知らせ

本日、「読売書法展・中部展」は開催いたします。

 

ただし、台風の影響によっては、通常の閉場時間前に終了させていただく可能性がありますことをあらかじめご了承ください。

 

ご来場の際は、すでに発表されております交通機関の運休情報等に注意して、安全にお帰りいただける状況を確保された上でお越しください。台風による強風が予想されておりますので、思いがけない飛来物等に十分注意しながら気をつけてご来場ください。

 

なお、昨日発表しました通り、本日午後1時から予定しておりました「作品解説会」はすでに中止が決まっておりますので、あらかじめご了承ください。

2018年9月30日(日)07:18

【中部展】台風の影響による作品解説会の中止について

大型で勢力の強い台風24号が30日、中部地区をはじめ本州に上陸するとの予報を受け、同日午後1時に予定していた役員書家による「作品解説会」を中止することが29日に行われた中部展表彰式で発表されました。

 

現在のところ、展覧会自体は開催する予定ですが、30日朝の状況や交通機関への影響によっては、展覧会自体が中止になる場合もありますので、当サイトまたはハローダイヤル(050-5541-8600)でご確認ください。交通機関の乱れが予想されますので、台風情報にはくれぐれもご注意ください。

2018年9月29日(土)13:23

中部展開幕_展示替えのお知らせ

35回展の中部展が9月26日、愛知県産業労働センター「ウインクあいち」で開幕しました。

10月1日まで。

 

今年は、愛知県美術館の改装に伴い、「ウインクあいち」1会場のみの開催となります。

そのため、会友と入選額装作品が前・後期に分かれて展示されますので、ご鑑賞の際はご注意ください。

 

《前期》9月26日(水)~28日(金)

姓の頭文字が、「ア~ソ」の出品者

 

《後期》9月29日(土)~10月1日(月)

姓の頭文字が、「タ~ワ」の出品者

 

※帖、巻子、篆刻作品の展示替えはありません

 


 

<中部展会期>

会  期:2018年9月26日(水)~10月1日

開館時間:10:00~18:00 ※28日(金)は展示替えのため15:00まで

 

2018年9月20日(木)14:20

関西展閉幕

「第35回読売書法展」の関西展が9月9日(日)に閉幕しました。

 

9月5日から5日間の会期で京都市勧業館「みやこめっせ」で開催し、入場者数は8,177人でした。

ご来場、ありがとうございました。

 

9月26日からは、「中部展」がスタートします。

 

今年の中部展は、愛知県美術館の改装に伴い、愛知県産業労働センター「ウインクあいち」(JR名古屋駅前)のみの開催となるため、会友と入選額装作品を前・後期に分けて展示します。

 

詳細はこちらをご覧ください。

 

2018年9月10日(月)10:37

関西展_作品解説会

9月6日(写真上)と7日(同下)に行われた関西展・作品解説会の様子です。

それぞれ80人以上の書道愛好家が集まり、熱心に耳を傾けていました。

6日は福光幽石先生、7日は日比野実先生が、35回展特別展示の作品を中心に解説されました。

 


 

2018年9月7日(金)18:00

関西展_開幕しました

台風の影響が心配された「関西展」ですが、9月5日定刻どおり開幕することができました。

今年も、京都市美術間の改装に伴い、京都市勧業館「みやこめっせ」1会場のみの開催ですのでご注意ください。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

関西展では、35回展特別展示「読める書への挑戦」も開催しています。

東京展の展示を見逃した方はぜひこちらの会場でご覧ください。

 


 

なお、関西展では35回展特別展示の関連イベントとして、作品解説会を予定しております。

こちらにもぜひお集まりください。


 

【作品解説会(ギャラリートーク)】

 

◆京都市勧業館みやこめっせ 日図デザイン博物館展示室内

特別展示作品などを前に、調和体の見所を解説します。

 9月6日(木)漢字:福光幽石先生(常任理事)

 9月7日(金)かな:日比野実先生(常任理事)

※各日午後1時30分~

2018年9月5日(水)11:00

東京展閉幕

「第35回読売書法展」の東京展が9月2日に閉幕しました。

 

8月23日から29日までの東京都美術館(7日間)と、24日から9月2日までの国立新美術館(9日間※28日休館)の総入場者数 は、38,052人でした。

 

2会場の内訳は下記のとおりです。
国立新美術館  28,309人
東京都美術館   9,743人

 

多くのご来場、誠にありがとうございました。

 

次は、関西展に巡回します。

詳細はこちらをご覧ください。

2018年9月3日(月)17:34