第34回読売書法展 各地区展の展示区分を公開しました。

こちらのページの各展のところをクリックすると、展示作品の詳細が確認できます。

 

【読売書法展 会期・会場】

http://yomiuri-shohokai.com/shohoten.html

 

※各展情報がPDFデータになっていますので、プリントアウトしてご利用ください。

 

 

2017年8月21日(月)06:00

親子書道教室開かれる

 

第34回読売書法展の開幕を前に、17日、東京・よみうり大手町ホールで「親子書道教室」が開かれました。

抽選で選ばれた小中学生の親子36組76人が参加し、毛筆と篆刻(てんこく)に分かれて書作を体験しました。参加者は約2時間半にわたり、岩井笙韻(しょういん)先生、谷口成孝(しげたか)先生、尾花太虚(たいきょ)先生など総勢18人の先生の指導を受けながら作品を仕上げました。

埼玉県川越市の奥山綾子さんと同市立月越小学校3年の舞さん親子は初参加。綾子さんは書道の経験があり、「娘に書く楽しみを知ってもらいたいと思って」申し込まれたそうです。それぞれ何人もの先生から助言や手ほどきを受けながら、綾子さんは「花意竹情」、舞さんは「山川」を仕上げました。

篆刻に挑戦した東京都足立区立千寿本町小5年の横山悠大君は2度目の参加。父親の豊彦さん(52)は「息子が以前母親と参加し、持ち帰った印がなかなかよかったので、自分もやってみたいと思い参加を決めた」といいます。悠大君は「2度目でも難しい」と言いますが、指導にあたった尾花先生は「自然体で取り組み、理解も早かった」と評しておられました。

参加者全員の作品が、8月25日から9月3日まで東京展第1会場の国立新美術館(東京・六本木)2階展示室の奥のスペースで展示されます。(8月29日は休館)

 

 

 

2017年8月18日(金)12:09

特別企画「わが古典」連載スタート

新聞では読めない、当サイトだけの特別企画「わが古典」の連載がはじまりました。

 

読売書法会の役員の先生方に、生涯において最も大切だと思う古典を紹介いただき、その学習方法や苦労された点、師匠からのアドバイスなど、様々なエピソードを語っていただきます。

 

記念すべき第1回は、読売書法会最高顧問の尾崎邑鵬先生にご登場いただきました。

 

インタビューの詳細は、トップ画面のメニューバー「連載」からご覧になれますので、ぜひチェックしてみてください。

 

2017年6月1日(木)00:00

<注意> 読売書法会事務局へのメール送信について

読売書法会事務局のメールアドレス(t-shohokai@yomiuri.com)に、

メールを送ったにもかかわらず、

「メールが届かない」「戻ってきてしまう」

「送ったはずなのに、その後、事務局から何も連絡がない」などに該当する場合、

恐れ入りますが、電話にて事務局にお問い合わせください。

 

サイバー攻撃や迷惑メール対策として、インターネット上のフリーメールや特定困難なドメインからのメール送信について、社のメールサーバーが自動でブロックしてしまうことが原因のようです。

 

現在、メールに代わる伝達手段として、サイト上に入力フォームを開設し、必要案件を円滑に送受信できるような仕組みを検討しています。

 

実施までしばらく時間がかかりますので、現状、メールでのご利用でご不便をおかけしますが、

メール送信から2営業日以上たっても事務局から何も連絡がない場合は、電話にて事務局にお問い合わせください。

 

ご理解の程よろしくお願い申し上げます。

 

読売書法会事務局

2017年5月15日(月)09:00

ホームページのリニューアルについて

読売書法会のホームページが新しくなりました。(2017/4/1 公開開始)

 

読売書法会に関するお知らせはもちろんのこと、各書道団体との共同展情報や役員の先生方の個展、書活動情報など、「NEWS」で幅広く紹介していきます。

 

他にも、読売新聞で報じた書道記事の関連情報や、紙面では読めない、ホームページだけの特別連載企画なども計画中です。

 

これから読売書法展に出品しようと考えている書道愛好家の方々にとっても、役に立つ情報や記事を載せていきたいと思いますので、ぜひ、当サイトを〔お気に入り〕に登録ください。

 

現在、読売書法展に出品いただいている書家の皆様からも、多くの情報をお寄せいただきたいと思いますので、ご協力をお願いいたします。

2017年4月1日(土)06:00